薄毛に悩む男性の心強い味方として、多くの口コミ・評判が聞かれるチャップアップは、今最も注目されている育毛製品の一つといってもよいものですが、その成分と作用機序、医学的根拠について、気になる人も多いことでしょう。それらについて細かく分析することで、チャップアップが自分自身に合っているのか、購入価値があるのかを見極めることができるでしょう。

 

 

チャップアップにはチャップアップ育毛ローションと、チャップアップサプリが存在しており、育毛ローションは頭皮につけて直接塗りこむタイプ、サプリは口から摂取するタイプとして分類されており、どちらかといえば、育毛ローションの方が知名度が高くなっていますが、だからといってサプリを使用しないのは、可能性を捨てているのと同じだといってもよいでしょう。薄毛の症状がまだ深刻化しておらず、将来的な予防として日常的に使う分には、育毛ローションだけでも十分である場合もありますが、薄毛の症状が実際に見られ、髪を観察すると、太さや力強さが感じられなければ、育毛ローションと一緒に、サプリで有効成分を体内から補給した方が、より効率よく薄毛対策ができるようになります。

 
人気のチャップアップサプリの医学的根拠とは、日本臨床医学発毛協会の会長を務める医師が、その品質を認めていることからわかり、実際に育毛ローションを含めて、使用感や満足度が90%を超えるという素晴らしいデータが存在しており、この品質を導き出しているのが、商品に含まれている、亜鉛酵母やノコギリヤシエキス、ナツシロギクです。髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質によって形成されていますが、亜鉛酵母の働きによって、ケラチンを作り出すことができますので、毛そのものを作り出す作用がある成分として、亜鉛酵母が配合されている意味の重要性がわかります。

 
ノコギリヤシエキスは、多くの薄毛対策サプリに使われている成分で、男性型脱毛症のAGAを深刻化させるDHTの発生原因となる、5αリダクターゼを抑制する効果があるといわれており、AGA対策にも期待ができるものとして、多くの男性が注目している存在ですが、同じような効果はAGA治療の病院で処方される治療薬も持っており、流石に病院の治療薬の力にはかなわないものの、副作用の心配が極めて少ないのが、ノコギリヤシエキスを使うメリットになります。

 
ナツシロギクについては、チャップアップサプリの原材料名を見ても見当たりませんが、実は原材料名に書かれているフィーバーフュー乾燥エキスという成分が、ナツシロギクに該当しており、このナツシロギクに含まれるパルテノライドという物質が、タンパク質に作用して、頭皮に発生した炎症を抑える役割を持っています。頭皮の炎症は皮脂の過剰分泌や、刺激の強いシャンプーを使ったり、爪を立てて頭皮を洗ったりする時に発生しやすく、毛の生える土壌ともいえる頭皮の状態を悪化させるため、薄毛や抜け毛の原因になりやすいとされており、炎症を抑えて常に頭皮を良好な状態に維持するには欠かせない成分だといえるでしょう。

 

 

チャップアップ育毛ローションやチャップアップサプリの成分と作用機序、医学的根拠を確認すれば、優れた育毛製品だとわかるはずですが、利用経験者が多く、また知名度も高いですので、口コミ・評判の中には、効き目がないなどの意見が目立つことも事実です。
しかし、チャップアップはあくまでも対策として使われるものであり、薄毛対策には食生活や運動などの、生活習慣を見直すことが基本であることを知っておかなければ、高級な育毛製品を使用したからといって、効果が実感できるわけではないことを、肝に銘じておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です