ヘアフォーミュラという育毛サプリメントがあり、薄毛や抜け毛に悩む方は男性でも女性でも試してみることができます。主な成分と作用機序はノコギリヤシ(ソーパルメット)をはじめピチオン、亜鉛、プロトアントシアニジン、L-リジン、パルテノライドでカプセルはトウモロコシから抽出したプルランと綿から採取される微小繊維状セルロースで天然由来の原料を使用しています。

 
まずノコギリヤシ(ソーパルメット)は、男性ホルモンのバランスを整え、薄毛のもととなる物質の働きを抑制し、ピチオンは髪の毛のもととなるたんぱく質の材料になるアミノ酸で、亜鉛は髪の毛を生成するときに毛母細胞がケラチンというたんぱく質を合成して作られるのですが、その合成に必要な成分なので、亜鉛が不足するとたんぱく質の合成ができなくなり髪の毛が作られなくなるのです。プロトアントシアニジンはポリフェノールの一種で継続的な服用によって毛髪量が増えたという報告がある成分、L-リジンは必須アミノ酸の一つで髪を作るためには必要な栄養素でミノキシジルの効果を増大する働きもある成分、パルテノライドはハーブの一種でもともとめまいや頭痛に使われていた成分ですが育毛効果があることも証明されたものです。

 
これらの成分を使用する医学的根拠とは、男性ホルモンと栄養に関係することで、特に男性の薄毛は男性ホルモンのテストステロンが前頭部や頭頂部にある5αリダクターゼというジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変えられ、そのホルモンが毛母細胞に入りこむことによって毛母細胞の働きを抑制してしまい、ヘアサイクルを乱してしまうことに原因があるからです。成長期、退行期、休止期というヘアサイクルがあって本来の成長期は2年から6年でその期間に髪の毛は長くて丈夫名毛に成長していくのですがDHTによってヘアサイクルが乱されると成長期はわずか半年から1年程度に短くなるため、せっかく生えた毛が十分成長せずに細くて短い毛のまま退行期を迎えてしまうのです。

 
だから治療法としては男性ホルモンの分泌や5αリダクターゼの出現を抑制することですが、頭皮や毛母細胞に髪の毛の生成や育毛に必要な栄養が届かなければ丈夫な髪は育たないので、ホルモンのバランスを整えたり5αリダクターゼの出現を抑制すると同時に髪に必要な栄養素を届けることが大切なのです。AGAの専門医はホルモンや5αリダクターゼの抑制にフィナステリド内服薬を処方すると同時に、頭皮に血液がしっかり届くように血管拡張薬のミノキシジルの外用薬を処方してくれますが、ヘアフォーミュラは専門医が処方する薬と同じような役割をする天然由来の成分を配合した育毛サプリメントを提供しているのです。

 
女性の体にも男性ホルモンがあるのですが、髪を増やすエストロゲンが分泌されているので男性ホルモンの薄毛作用は抑制されていますが、エストロゲンが減少してくると薄毛に悩むことがあります。女性の場合は男性よりも肌や頭皮が乾燥しやすい子とも薄毛の原因となるのですが、男女とも同じ原因で薄毛になることもあるので、ヘアフォーミュラのいくもうサプリは男女兼用で試してみることができます。まだ深刻な状態でなくてもAGA対策として、丈夫でつややかな髪を維持するために服用してもよいでしょう。

 
実際に服用している人からは「少しずつ髪の毛が丈夫になっていくのが分かる」「ミノキシジルと併用したら効果が高まった」という髪の毛の効果と同時に、もともとめまいや頭痛などに効果のある成分も配合されているため「体調がよくなった」といく口コミ・評判も多く寄せられています。髪の毛のために血流を良くし、頭皮にまでしっかり栄養が届くようになることは体中の血流がよくなることなので、火体の健康にもつながっていくということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です