薄毛は、男性ホルモンが5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンというホルモンに変化して、それが毛母細胞のヘアサイクルを乱して、通常2年から6年ある成長期の期間を半年から1年という短い期間に変えてしまうことで、十分に毛が成長しないまま抜け落ちてしまうことが主な原因ですが、いくら男性ホルモン鵺5αリダクターゼの分泌を抑制しても、頭皮に十分栄養が行きわたらなくてはせっかく生えてきた毛が成長することはできません。
髪の毛に必要な栄養を与えるために、スカルプシャンプーのスカルプDで有名な予防医学のアンファーがメンズヘルスクリニック東京と協同開発したAGAプロテインというものがあります。髪の毛全体が弱々しくなってきたり、抜けた髪を見ると若いころの髪とは違うと感じたり、育毛剤や発毛剤を使ったけれど効果がないと感じたり、生え際も薄くなってきたと感じてくればそれは、髪の毛の95%を構成する「たんぱく質」が不足している可能性があるのです。その医学的根拠とは髪の毛のたんぱく質は筋肉を作るたんぱく質とは構成されるアミノ酸が違うということです。筋肉を作るたんぱく質はバリン、ロイシン、イソロイシンというアミノ酸が全体の3、4割を占めているのに対し、髪の毛のたんぱく質はシスチン、グルタミン酸、グリシンというアミノ酸で約4割を構成していて、特にシスチンというアミノ酸が髪の毛を作るうえで重要になってくるのです。そして髪の主成分であるケラチンというたんぱく質は、シスチンが亜鉛やビタミン、ミネラルなどの栄養分と結びつくことで生成されていくのですが、シスチンは飲酒やたばこ、コーヒーなどの嗜好品によって減りやすく肉や魚などで日々の食事から摂取することが望ましいのですが、なかなか必要量を摂取することは難しいのです。
そこで成分と作用機序としてシスチンや亜鉛など髪の毛の生成に必要な栄養分をたっぷり配合し、ヨーグルト味で飲みやすく作られたスカルプD「AGAプロテイン」が開発販売されています。プロテインの主な成分は、大豆たんぱく、乳清たんぱく、デキストリン、亜鉛含有の酵母、ノコギリヤシ種子エキス、マカエキス粉末、αGPC加工食品、マンガン含有の酵母などで製造時にシスチンやグリシンなどが配合されています。
共同開発にあたったメンズヘルスクリニック東京の院長は、AGAプロテインを開発するにあたった理由として、「いろいろな患者さんを診察してきましたが、早く効果が出ている患者さんは洗髪の仕方はもちろん、食事のバランス、特にたんぱく質をバランスよく摂取されていること」また患者さんが「食事でバランスよく栄養がとれない分、プロテインでたんぱく質を補っているという話を聞いたこと」がきっかけで、暗ファーと共同で、髪の毛専用のプロテインの開発をはじめたということです。
しかしAGAプロテインは実は髪の毛だけでなく男性力も補え、20代をピークに減少する30代、40代の体の悩みにも対応していて、原材料のマカやシトルリンは男性活力もサポートし、大豆たんぱくやカルニチンなどはカラダヲ引き締める効果もあるので、髪の毛のみならず体型や男性活力もサポートしてくれるプロテインです。
実際にこのプロテインの愛用者から「髪の毛の伸びるスピードが上がった」「飲み始めて2週間くらいで髪のハリやコシを実感できた」「思った以上においしく飲めて肌にもハリや通夜を感じるようになった」「今まで、亜鉛やノコギリヤシなどを違うサプリメントで摂取していたのですが、一つで補え、寝る前に飲むことで髪の毛の伸びる速さやハリを実感している」などと、うれしい効果がうかがえる口コミ・評判の声がたくさん届いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です